ZOZOCHAMPIONSHIP行ってきました。



こんにちは。

都立大学PCC(HP)、北参道アイズ(HP)パーソナルトレーナーの氏家です。


先週の日曜日にZOZOCHAMPIONSHIPを観戦してきました。



世界最高峰の選手達のプレーは圧巻でした!見ていてもワクワクさせられる様な場面が多く純粋に楽しかったです!


私が見た選手はタイガー・ウッズ、トミー・フリートウッド、アダムスコット、パトリック・リード、イアン・ポールター、ジョーダン・スピースなど色々な選手を見ようと観戦しましたが、筋肉のつき方や歩き方、姿勢など見るとトレーナーとしても大変参考になる事が多くありました。


服の上からで体形をみたのであくまで印象ですが、海外の選手は体幹が寸胴型で体幹、臀部がでかいなぁーという印象を受けました。


ゴルフはスイング中に体幹の回旋動作や体幹の側屈(体を横に倒す)動作が多いため、腹斜筋などを良く使うため、体幹が寸胴型の様な体形になるのかなぁと思いました。

野球選手やテニス選手も似た様な体形なので、今回、生で選手の体形を見れたことは参考になりました。


ゴルフのトレーニングを考えると回旋に対してのコントロールが重要なので、回旋の負荷を止めるトレーニングとロシアンツイストの様に腹筋を捻じるトレーニングを行うと良いと思います。(回旋させる動きと回旋を止める動きの2種類のコントロールを行うトレーニング)

ただ、回旋のトレーニングをする時は、下半身の使い方も意識させていかないと意味がないと思います。


ゴルフに限らずスポーツ全般に共通すると思うのですが、

下半身と体幹と上半身を連動させていかないと高いパフォーマンスを発揮させることが出来ません。

そのため、単独で筋肉を鍛えるトレーニングと身体のつながりを意識したトレーニング両方行うことが大切です。


ゴルフのためのトレーニングやコンディショニングに興味がある方は体験トレーニングもやってますので、お気軽にご連絡下さい。

メールでの質問もお待ちしてます。


ujiie.tomoki@gmail.com






8回の閲覧

​​お気軽にご連絡下さい。

アドレスをクリックするとメール出来ます。 

mail:ujiie.tomoki@gmail.com

TEL:09020230305

​営業時間:8:00~22:00

電話は指導中の場合、対応出来ないことがあるためメールかメッセージでご連絡頂ければ幸いです。